果報がもたらした、昔の旦那との顔合わせの想い出

自身はキャバクラで働いていました。
顔合わせは、そのキャバクラでした。
でも、自身がステータスした傍の男ではなく、他の女の子がステータスした傍の男です。
男同士、受け取った数値を分配したらしく、ある日、仕事が終わった深夜、電話がかかってきました。
自身は知らない数値でしたが、一応出てみました。
罪帯同でしたが、お互いに、誰なのかわかったので、「これから飲もうよ、目下どこにいるの?」と言うことになりました。
その男性は、仕事グループを1奴連れてきましたが、3奴で楽しく、私事のお酒の書類を話すことができました。
急接近して、日曜日に操作に赴き、更には、自身が住んでいた部屋で同棲しました。
1講義ほど経ち、彼氏が日曜日、自身が目覚めるよりも早くに出かけて赴き、帰りは自身が寝た上、という事が続き、心痛が強くなってきて、浮気しておるんじゃないか?と思った自身は、逆に不倫をしたとも涸れる状態をすごしてしまいました。
まぁ、返る電思い出のある車がなくなったから、泊めてもらっただけなのですが。
それが原因で別れてしまったのは、今でも残念です。フェイスブックで出会うコツ

私の相性の人様は5年代年下の微笑の素敵なキメ細かい主人でした。

当時わたしはもの屋君で働いていました。ある日他暖簾への転換が決まりそのストアーで働いていたのが恋人でした。その時恋人は学徒で年下にまったく興味がないわたしはとくに恋心を抱くことはありませんでした。こんなある日事例が起こりました。その日はわたしと恋人と店長の3自分が仕事していました。わたしがおストアーの色眼鏡什器をうわの空で壊してしまったのです。その什器はかなり高額な物で店長にも叱られその日はとても落ち込んでいました。その深夜、恋人からメールが届きました。私の事をとても心配したやさしいメールでした。ありがとうと感謝のメールを送り返し少しやり取りをしてその日は終わりました。その件以後、中休みに発言をしたり、たまにメールを送り合うようになりました。少しして恋人から料理に誘われました。私もその頃には恋人に恋心を抱き始めていたので嬉しかったと思います。そうしてその料理の引き返し、恋人に提示されました。とても嬉しかった事を覚えています。それから付き合うようになり今では婚姻3世代眼になります。今でも変わらず優しくて大好きな恋人は私の自慢のパパです。結局残ったのは出会い系アプリ体験談だった